So-net無料ブログ作成

間違ったメタボリックの解釈! [メタボリック]



メタボリックの予防・対策は30代前半から50歳代まで・・・?
メタボリック予備軍と言う言葉がある。
このブログのタイトルもメタボリック予備軍であるが、
もう予備軍である状態で動脈硬化は進んでいると言う医学博士がTVで発言している。

要するに、メタボリックシンドロームの基準というものがあります。
これは、男性85センチ、女性90センチ以上の腹囲で、かつ
・血圧130/85mmHg以上。
・中性脂肪150mg/dL以上またはHDLc40mg/dL未満。
・血糖110mg/dL以上
のうち2つ以上に該当する人のことです。
ただし、この基準そのものに、40代以上の男性の半数近くがあてはまってしまいます。
男性より女性の方が基準が大きいのは、生理的な問題があると思われますが?
40代以上の男性の半数がメタボリックの基準に該当するわけです。

言い換えれば、メタボリックと診断された方は、2つの病気に掛かっていると言うことなのです。
1つでは、予備軍なのでしょうが・・・?
上記にある基準は、お互いにリンクするわけです。

しかし、ウエスト85センチと言うあいまいな基準もあります。
身長が160センチで85センチは肥満ですが、180センチの人が85センチのウエストでも
肥満とはなりません。

今の政府の基準を一つの義務による検診の基準でメタボリックとは、
アメリカでは3つ以上が対象となリ、かなり深刻な状況をいいます。
ですから、日本のようにメタボリック(メタボ)も
などと軽々しく言えるものではない。

そこで、メタボリック予備軍とは、産後の女性・男性では20歳代の後半からはじまり、
生活習慣と老化の2つの要素が蓄積される。言いかえれば年輪のようなものです。

その年輪を一挙に解決することは出来ない。
でうすら、運動をするのも食生活の改善も徐々に行わないと
リバウンドやメアタボリックの悪化にもつながるケースがあります。
そこに新しいストレスが発生するからです。

結論は、目的を持って計画性のある、
段階を踏まえた生活改善をメタボリック予備軍の方に
おススメしたい・・・!

BLOODCOM 健康生活COMMYプライベートサイト


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。